ポケモンオタクNNNのポケモン生活ブログ

まったりとポケモンの日記をつけてます

【ポケモン BDSP】BDSPのストーリー終了後、厳選・育成環境がなかなか完成しない

 

 

みなさんはもうBDSPのストーリーはクリアできたでしょうか。

今回は、四天王、チャンピオンが超絶強化されており、過去類を見ないくらい強かったですよね。

 

 

今回の本題ですが、ストーリー終了後、みなさんどうしていますか?

 

通常だとシンクロを揃えて、メタモンを性格揃えて、高個体メタモンを厳選して、周回、捕獲、育成用のポケモンを育てたりして他のポケモンの厳選、技マシン回収などを行っていく。

こうして、育成環境を整えるのが通例だと思います。

 

 

しかし、今回のBDSPはストーリー終了から育成環境を整えることが過去1番しんどいですよね。

なぜ、そうなるのか、私自身が感じたその理由を書いていきます。

 

 

ほのおのからだの入手が面倒

f:id:pokelive:20220114005059p:plain

この作品でほのおのからだを持つポケモンは、ポニータ系統、ブビィ系統、マグマッグ系統の 3種類しかいません。この中でポニータ夢特性のため通常では入手できません。夢特性ポケトレを使って出すことができますが、ポケトレ全国図鑑を入手していないといけません。そして、マグマッグ全国図鑑を完成しないと出現しません。

 

残りのブビィだけは、地下のエリアに出現します。しかし、シャイニングパールのみの出現であり、ブリリアントダイアモンドでは入手できません。

このように、厳選で1番大事な孵化要員の入手が困難であるため、シンクロ要因の厳選、周回用のポケモンなどを育成することもできません。

 

 

 

かわらずのいしの入手が困難

f:id:pokelive:20220114005726j:plain

孵化厳選の必需品かわらずのいしも入手が困難となっています。入手方法としては、キッサキシティチャーレムを交換に出して、もらったゴーストが持っている、イシツブテ系統が稀に持っている、地下の化石掘りで入手の 3つとなっています。こちらも入手が面倒なのが良くないですね。今までの作品だとどこかに落ちていることが多く、入手が容易だったのですが必需品とは思えないくらい時間がかかってしまいます。

 

あかいいとは今まででも入手は難しかったので、仕方ないにしてもかわらずのいしくらいは入手を簡単にして欲しいですね。

 

 

 

全国図鑑入手のハードルが高い

f:id:pokelive:20220114005737j:plain

全国図鑑の入手はシンオウ図鑑完成で入手することができます。しかし、シンオウ図鑑を埋めるためには伝説のポケモンを含める全てのポケモンと出会う必要があります。これらポケモンは入手が簡単だったり、難しいポケモンを含めて全てのポケモンは全てのトレーナーと戦っていれば、埋めることができます。しかし、トレーナーを一人見逃すと埋めるのが大変だったり、絶対に1つのロムでは入手できないポケモンもいるため困難を極めます。

 

さらに大変なのが伝説のポケモンです。ディアルガパルキアユクシーアグノム4体が特に大変ですね。倒しても図鑑に登録されますが、全国図鑑をもらってしまうと四天王が強化されてしまいます。復活させるには殿堂入りする必要がありますが、その四天王たちが強化されてしまいます。そのため簡単には殿堂入りすることができません。先に厳選をして捕まえたいですが、シンクロや捕獲要員が準備するのが難しいため強引に厳選するか、倒してしまうか選択を強いられます。

 

www.nnnpokelive.com

 

 

 

 

高個体メタモンが入手できない

メタモンの入手も全国図鑑入手後となります。そして、1番のBDSPの問題点がこの高個体メタモンだと思います。Twitterなどをみても高個体メタモンを入手するのが難しく、6Vメタモンのゲット報告はほぼ皆無でした。確かに6Vメタモンはどの世代でも入手は困難です。しかし、45Vくらいはたくさん出て来てもらわないと厳選するのが億劫になってしまいますよね。

 

www.nnnpokelive.com

 

 

 

 

化石掘りなど地下要素がつまらない上に確率が厳しい

f:id:pokelive:20220114004755j:plain

リメイクでも地下の秘密基地や化石掘りなどの要素があります。それに加えて隠れ家という通常では出会えないポケモンをゲットできる要素が追加されました。この隠れ家に出るポケモンの出現率を変化させるために石像という要素も一緒に追加されました。

この石像も化石掘りで採掘できますが、これが非常に面倒でタイプごとに出現率が変わりますが、タイプ自体が18タイプある上にこの石像が見つかる確率も低くはありませんが、確実にあるというわけではありません。そして、うまく掘れずに失敗してしまう場合もあり、時間がかかる1つの要因となっています。

さらには色違いの石像もありこちらの方がより出現率を上げられるようになりますが、当然こちらの方が入手率は低くなっています。ボーナスタイムで入手が容易にできますが、そのボーナスタイムになるまでは、オンラインがないソロだと途方もない時間がかかってしまいます。

 

唯一良い点はここでしか入手できないハートのウロコが10枚あれば、今後ハートのウロコなしで忘れさせることができるようになった点ですね。とりあえず、10枚集めればいいのでまずはそこを目標に頑張るしかないですね。ちなみにハートのウロコは確率が低いのと小さくて見逃しやすいことから10枚集めるまでに石像は十分集めることができます。おそらく、ハートのウロコ10枚集まるまでの石像の数で今後心配する必要はないと思います。

 

 

 

そもそも対戦環境がない

元も子もないですが、オンライン対戦が存在しません。そのため、何のために厳選するの?育成するの?という状況です。厳選環境を揃えても意味がないため、難しくなっているのかもしれませんね。そう思ってしまっても仕方ないですね。。。

 

 

 

まとめ

以上がBDSPのストーリー後の進まない理由ですね。ポケモンは新作が出るたびに育成や厳選の難易度が下がっていました。

確かに、遺伝の仕組みやどこでもボックスと繋げるなど便利にはなっています。しかし、今作は整えるという面ではジャッジが面倒になっていたり、技マシンが使い捨てになっていたりと便利とは到底言えないレベルとなっています。

そもそもロードが令和のゲームか?というくらい長かったり、壁との当たり判定が多かったり、バグだらけなど不満点も多いですね。

個人的には最後の不満点は仕方ないにしても剣盾と同様かそれ以上に厳選・育成が楽になっていると思っていたのでそこが1番残念でしたね。

6Vメタモンなどはポケホーム解禁で解決を待つとしましょう。不満点は改善されることを祈りましょう。

今でもそこそこ楽しいですが、よりBDSPがこれからより楽しく遊べるようになってほしい限りです。

 

 

www.nnnpokelive.com

 

 

https://zukan.pokemon.co.jp/

https://www.pokemon.co.jp/ex/bdsp/ja/

【ポケモンBDSP】あまいミツを塗ることができる木の場所とゲットできるポケモンと方法(画像あり)

 

ポケモンBDSPで図鑑のポケモンを全てゲットするときに、1番厄介なのがあまいミツで手に入るポケモンです。

これらのポケモンは他の方法では入手できないポケモンも存在し、中には入手率の低い厄介なポケモンも存在します。

今回はそんなポケモンたちを効率よく入手できる方法を紹介していきます。

 

続きを読む

【育成論】 ほろびサポートセレビィ

f:id:pokelive:20211113234537j:plain

 

ポケモンの紹介

分類ときわたりポケモン

タイプ:エスパー、くさ

種族値

HP100

攻撃:100

防御:100

特攻:100

特防:100

素早さ:100

 

 

セレビィは金銀で登場した、ポケモン史上2匹目の幻のポケモンとなります。ミュウ同様、配布によって入手することができ、こちらはミュウと違ってイベントが用意されていました。

続きを読む

ポケットモンスター剣盾 周回の時、忘れず回収したいアイテムとポケモン一覧

 

ポケモンにはストーリー中に一度しか入手できないアイテムやポケモンが存在します。しかし、マスターボールは何個も使いたいし、ザシアンは性格や努力値振りを変えて使いたいこともありますよね。

今回はそんな周回で回収すべきアイテム、ポケモンを紹介します。

 

ただし、DLCがある現状ウッウロボや追加アイテムによってほとんどのアイテムを入手することができます。そのため、周回は必須ではなくなりましたが、どうせ周回するのであれば、入手しておこうというものを紹介していきます。

 

続きを読む

ゆびをふる大会(ルール)で戦えるポケモン

 

指を振るとは、一部の技を除いてほとんど全ての技をランダムで使うことのできる変化技です。この技1つで完全に運に任せるルールをゆびをふるルールと言います。

今回は、そんなゆびをふるのみのルールに特化したポケモンたちを紹介していきます。運要素が高くても戦略があったり、有利不利がしっかりしているのも面白いポイントとなっています。

続きを読む

【育成論】両受けできる積み耐久アタッカーミュウ

f:id:pokelive:20210919015613p:plain



 

ポケモンの紹介

分類:しんしゅポケモン

タイプ:エスパー

種族値

HP100

攻撃:100

防御:100

特攻:100

特防:100

素早さ:100

 

ポケモン紹介

ミュウは初代で初めて登場する幻のポケモンです。もともとデータだけ存在しており、どこを探しても見つけられないポケモンとして有名になりました。その後は配布されて登場しましたが、配布回数は非常に少なく、色違いのミュウはエメラルドのイベントでのチケットがないと厳選できないレアポケモンでした。

現在は、幻のポケモンの中で入手しやすいポケモンとなっており、let's goピカチュウ&イーブイ内でモンスターボール+を購入した際の特典として入手可能となっています。

 

ミュウの強さはなんといっても全ての技を覚えるところにあります。技マシンはなんでも覚えてしまいます。そして、種族値も全てが100で統一されており、合計種族値600と高水準となっています。どの技でも覚えられる点と種族値が全て100であることから無限に型を作ることができます。それゆえ、対策不可能になってしまうのがこのミュウの強みと言えます。

 

 

育成論

性格:おくびょう 持ち物:たべのこし

特性:シンクロ

 

コスモパワー、アシストパワー、ボディプレス、へんしん

候補技

眠る、めいそう、こうそくいどう、てっぺき、どわすれ

努力値

252-0-0-0-4-252

実数値

207-108-120-120-121-148

 

コンセプト

幻のポケモンを使うルールは非常に少ないため、今回は8世代の冠の雪原後のルール、技プールで考えています。ダイマックスはこのミュウでは有効に使える型ではないので、基本的にダイマックスをしない方向で考えています。また、被ダメに関してもダメージ計算を行っていないので、注意してください。

 

この型のミュウはコスモパワーを積み、ボディプレス、アシストパワーを使った耐久兼火力を出して戦い、苦手な相手にはへんしんを使って誤魔化せるようにしていきます。エスパータイプは環境的に弱点をつかれることが多いタイプです。そのため相手の悪タイプに対しては、上からボディプレスで落としたり、へんしんして誤魔化したりできるようにして戦っていきます。

 

努力値HS252D4振りとなります。へんしんとコスモパワーの耐久型のためH252振りとします。たべのこしもちのため16n+1の実数値193も考慮しましたがよりHPが高い方優先としました。特攻に振っても確定数は特に変わらなかった点と、耐久戦になると少しの差が命取りになったりします。しかし、食べ残しの回復効率が高い方が有利になることもあるため選択となります。その場合はBDCに振り分けてください。

S252は確定です。S100のため90族を抜けておいた方が都合が良いことが多いです。カプ・テテフランドロスミミッキュやウーラオスよりも早く動くことができます。S100により上からコスモパワーを積むことで耐えられる範囲を広げています。

耐久はHBDどれも種族値100あるため、BDほぼ無振りでもかなり耐久力があります。

D+4はダウンロード対策となります。

 

 

へんしんはメタモンとミュウとドーブルしかできない技です。その中で最もHPが高いのがミュウです。へんしんは相手の実数値、能力アップもコピーできますが、HPだけはコピーできず、元のHPに頼ってしまいます。そのため、ミュウはへんしんする相手によっては相手よりも強いポケモンになりうる可能性を秘めています。

エスパータイプの弱点がゴースト、あく、むしであり、ゴーストタイプはへんしんすれば、弱点がつけるようになりますし、環境的にあくタイプも複合タイプが多いため、へんしんは意外と使えると思います。先行へんしんであく技が半減で受けれるのも強みですね。

ただ、持ち物がスカーフやタスキではないので同速に注意が必要ですね。特にミミッキュにへんしんしても化けの皮ではありませんし、ウーラオスにへんしんしても次のターン同速勝負となってしまいます。ダイマックス環境のため、こちらだけダイマックスの権利が残っていれば、巻き返す可能性は十分にあると考えています。

しかし、ウーラオスはこちらの方がHPが高くてもあんこくきょうだ+インファイトで落とされてしまうため、この型とは相性がよくない相手となります。

 

候補技は色々ありますが、へんしんを入れないと他のポケモンでもできる型となってしまうため、差別化の意味を込めてもへんしんは外せない技となります。

 

こうそくいどうは素早さを補うために入れてもいいかなと思います。こうそくいどうでもアシストパワーの火力アップにつながるので使いやすくはあるかなと思います。

 

ダメージ計算

特化は努力値252振り性格補正ありのことです。

 

攻撃ライン

アシストパワー「威力60、コスモパワー1積み」

      『威力100、コスモパワー2積み』

      必要に応じてコスモパワー6積みも載せます

 

H252ドヒドイデ 「3239.7% 乱数3発」

         『53.865.3% 確定2発』

        

H252ポリゴン2  1315% 乱数7発」

        『1315.6% 乱数7発』

コスモパワー6積み 53.163% 確定2

 

カプ・レヒレ 「15.819.2% 乱数6発」

       『25.931% 確定4発』

    6積み 66.678.5% 確定2

 

H252 サンダー 「18.722.8% 乱数5発」

        『31.938% 乱数3発』

    6積み 81.295.9% 確定2

 

H252D4@チョッキランドロス

       「21.425% 乱数4発」

       『34.141.3% 確定3発』

      6積み 75.5〜89.2% 確定2発

 

H4ウオノラゴン 「31337.9% 乱数3発」

        『51.261.4% 確定2発』 

 

 

 

 

ボディプレス 「コスモパワー1積み」

       『コスモパワー2積み』

 

H252バンギラス

 「102.4121.7% 確定1発」

 

HB特化ナットレイ

  「37.545.3% 確定3発」

  6積み 100.5119.3% 確定1

 

H252 ヒードラン 「55.565.6% 確定2発」

 

 

H4 悪ウーラオス 積みなし 44.352.2% 乱数2発 

 

H B特化@しんかのきせきポリゴン2

       「31.237.5% 乱数3発」

       6積み 82.296.8% 確定2

 

耐久ライン

 

ようきA252ザルード 

かみくだく 63.775.3%確定2

 

ようきA252ウーラオス

あんこくきょうだ 99.5118.8% 乱数1

へんしん後あんこくきょうだ(1214.4%)乱数79

      インファイト99.5118.8%)

 

ようきA252ミミッキュ (ぼうぎょ1段階アップ時)

シャドークロー 31.837.6% 乱数3

 (急所時) 67.681.1% 確定耐え

 

ハチマキA特化ヒヒダルマ ぼうぎょ1段階アップ時)

つららおとし 55.565.7% 確定2

(コスモパワー2段階目では4249.7%のダメージのため2連続で積むと乱数で落とされます)

 

ようきA252ウオノラゴン

先制エラがみ 81.697.1% 確定2

 

ようきA252ランドロス (ぼうぎょ1段階アップ時)

じしん 30.436.2% 乱数3

とんぼがえり 2833.8% 乱数3

 

A特化バンギラス (ぼうぎょ1段階アップ時)

かみくだく 49.258.9% 乱数2

 

A特化ナットレイ

ジャイロボール 33.439.6% 確定3

 

 

特殊

おくびょうC252ドラパルト 

シャドーボール 5666.6% 

  下からコスモパワー込みで確定2発耐え

 

おくびょうC252ガラルファイアー (とくぼう1段階アップ時)

もえあがるいかり 41.550.2% 乱数2

 

C特化ヒードラン (とくぼう1段階アップ時)

オーバーヒート 59.470% 確定2

 

おくびょうC252サンダー

ぼうふう 44.952.6% 乱数2

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

耐久と素早さが高いため自分より早いポケモンだと、後から積んでも間に合うし、先に積めれば高火力のポケモンでも受けることができますね。ただ、火力不足が否めないですね。6積みするまで火力には期待できないですし、6積みしても1発で落とせないのは、厳しいですね。特殊特化にしてめいそうをするのもありなのかな?と思うところもありますね。そうするとボディプレスは使えないので難しいところではあります。

 

耐久型ですが、回復がたべのこし頼みなところも少しマイナスポイントですね。他の技がねむるしか覚えないため、回復が間に合わなくなることもあります。そのため、さっさと積んだら倒しに行かないといけません。持久戦が難しいのが使い勝手が良くない原因でもありますね。

 

なんでも覚えるだけあってなかなか型が決まらない、難しいポケモン1匹です。しかし、いろんなところを調整するだけで様々なポケモンに対応できるようになります。今回の型は両受け耐久型にへんしんを加えたものでしたが、エスパータイプはあんこくきょうだやDDラリアットなど能力変化を無視できる技があるため無理なポケモンが多いのがネックです。それでも、くさ、エスパーのセレビィより弱点が少ないことや4倍弱点がないことなど、耐久型としても十分に差別化ができ、強い耐久ポケモンになってくれるかなと思います。